SOHO賃貸物件のポイント!

IT化社会の発展に伴い、近年では起業に要する大規模な設備が不必要な時代です。

インターネットが繋がるパソコン1台あればだれでも会社を作れる時代になりました。

そんな中、自宅や小規模なオフィスを職場として利用するSOHOが人気です。

事務所家賃がかからず、初期費用を抑えれる且つ自宅兼事務所であるため通勤に費やす時間がなく自由に仕事ができる事からSOHO利用が可能な物件の重要度が増しています。

クリエーターやベンチャー、フリーランサーなどの主に在宅ワークの職業が割合を占めています。今回は今、話題のSOHO賃貸物件についての注意点を解説致したいと思います。

SOHOを利用し企業するという事は【自宅兼事務所】としてアパートやマンションを借りそこでビジネスを行うという事になります。普通に住居として利用する場合とSOHOとして利用する場合で問題が生じます。それは住居として利用する場合の税金とSOHOとして利用する場合のオーナーさんが支払う税金が違うという事です。

SOHOとして借りる場合の税金が高く、物件により保証金があったり、家賃や礼金が高く設定されているため注意が必要です。またSOHOや事務所使用の場合は、ある程度の人の出入りがあると懸念されるため、オーナーさんや物件により、近隣住民に迷惑をかけてしまうという事でNGとされる場合も多々あります。さらにSOHO使用の場合は住居としても事務所としても利用するため、お部屋が傷みやすく、入居時にかけられる火災保険の料金も変わってきます。このように借りる側ではなく貸す側にはコストが発生します。その結果SOHO使用が可能な物件は数が少なく大変希少価値が高いという事になります。もともと住居専用で建てられる物件がほとんどなので契約書や重要事項説明書に記載がない場合は自宅を事務所として利用することは不可能になります。

知っておくとお得になる!住宅ローン控除の利用法

申告せずに住居利用での契約を結び事務所として使用した場合には契約違反となり即刻退去や賠償金を求められる可能性があります。これでは起業どころの話ではなく自宅さえも失いかねませんね。物件を探す際にしっかりと不動産屋にSOHO利用で借りたい事を伝え、どういった職種でどんな仕事なのか?人の出入りはどのくらいか?登記はするのか?

伝え、的確な物件を紹介してもらいましょう。ただ再三申し上げている通りSOHO使用可能な物件の数は非常に少ないので、ある程度の室内や外観、設備の妥協は避けられないと思います。

IT化社会の発展に伴い、近年では起業に要する大規模な設備が不必要な時代です。

インターネットが繋がるパソコン1台あればだれでも会社を作れる時代になりました。

そんな中、自宅や小規模なオフィスを職場として利用するSOHOが人気です。

事務所家賃がかからず、初期費用を抑えれる且つ自宅兼事務所であるため通勤に費やす時間がなく自由に仕事ができる事からSOHO利用が可能な物件の重要度が増しています。

クリエーターやベンチャー、フリーランサーなどの主に在宅ワークの職業が割合を占めています。今回は今、話題のSOHO賃貸物件についての注意点を解説致したいと思います。

SOHOを利用し企業するという事は【自宅兼事務所】としてアパートやマンションを借りそこでビジネスを行うという事になります。普通に住居として利用する場合とSOHOとして利用する場合で問題が生じます。それは住居として利用する場合の税金とSOHOとして利用する場合のオーナーさんが支払う税金が違うという事です。

SOHOとして借りる場合の税金が高く、物件により保証金があったり、家賃や礼金が高く設定されているため注意が必要です。またSOHOや事務所使用の場合は、ある程度の人の出入りがあると懸念されるため、オーナーさんや物件により、近隣住民に迷惑をかけてしまうという事でNGとされる場合も多々あります。さらにSOHO使用の場合は住居としても事務所としても利用するため、お部屋が傷みやすく、入居時にかけられる火災保険の料金も変わってきます。このように借りる側ではなく貸す側にはコストが発生します。その結果SOHO使用が可能な物件は数が少なく大変希少価値が高いという事になります。もともと住居専用で建てられる物件がほとんどなので契約書や重要事項説明書に記載がない場合は自宅を事務所として利用することは不可能になります。

申告せずに住居利用での契約を結び事務所として使用した場合には契約違反となり即刻退去や賠償金を求められる可能性があります。これでは起業どころの話ではなく自宅さえも失いかねませんね。物件を探す際にしっかりと不動産屋にSOHO利用で借りたい事を伝え、どういった職種でどんな仕事なのか?人の出入りはどのくらいか?登記はするのか?

伝え、的確な物件を紹介してもらいましょう。ただ再三申し上げている通りSOHO使用可能な物件の数は非常に少ないので、ある程度の室内や外観、設備の妥協は避けられないと思います。