Facebookを利用した集客について

メールに変わり、SNSを用いた情報発信が主流になりつつある昨今。

お店の集客にFacebookを活用していきたいとお考えのオーナー様も増加していく傾向にあります。
そこで、今回、Facebookを集客に活用するための基本機能『タイムラインの注意点』のうち4点程ご紹介します。

タイムラインの基本的ルールを理解した上で運用することが運用成功の鍵となります。

一つ目は、タイムラインは投稿が時系列で表示されるということ。そして、タイムラインの内容は見る人により違うということです。そのため、他のユーザーさんが頻繁に投稿する時間帯での投稿や深夜など長時間閲覧が望めない時間の投稿は目にとまりにくくなります。

二つ目は、シェアやいいねをしてもらうことでその人の友達のタイムラインに表示されるようになります。そのため、シェアやいいねを多く押してもらえるような工夫をすることで閲覧数を伸ばしていくことができます。

三つ目は、文字よりも画像の方が見てもらいやすいということです。これは、本をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。文章だけの小説よりも、漫画の方がわかりやすく読んでいても飽きが来ないですよね。

ただ、本当に絵だけの本だと今度は人によって理解に大きな差が生じます。なので、絵や画像を中心に簡単な説明を入れる。これが、読まれやすい記事の書き方になります。

四つ目は宣伝しないということです。お友達同士で今の状況を伝え合うことが本来のタイムラインの目的です。そこに、いきなり広告があったらどうでしょうか。見ないばかりか、人によっては解除する原因になります。あくまであったことなどを友だちに伝える感覚で投稿することで行ってみたいと思わせる記事が重要になります。

五つ目はフェイスブック用のLP制作をして、タイムラインの投稿で通常の記事ページとLPを交互に投稿し、LPも拡散を狙っていきましょう。そのため、広告っぽくないランディングページを作る必要がありますね!漫画とか使うと効果的です(・ω・)ノ

Facebookは便利な機能がたくさんあり、ご紹介しきれませんがこのタイムラインの運用が全ての基本になりますので、是非意識してご利用ください。

これって不動産業界でもかなり使える技なので(;^ω^)

カテゴリー: 今日の面白ニュース パーマリンク