田舎の海の見えるマンションって意外にもIT企業が入っていることって多いみたいですねw

海が好きな方には最高の住まいですね。海から約5分くらいの場所に住んでいる方の話によると、海は見えないけれど磯の香り 干物加工場の匂い家までしていたそうです。また一昔前の車は潮風で錆びたり、金属そのものの劣化が酷かったそうです。これは下取り価格に影響するとのことです。ただ、海のそばというのは、海の音が癒しを与えてくれることが一番なのではないでしょうか。

千葉で試しに調べてみました。「土地90.14坪 海望む高台で、アクアラインでの都心からのアクセスも良く、東京から約1時間・館山自動車道『竹岡IC』から約5分!」で価格はなんと585万円。また湘南では、「海が一望でき波静かな油壷湾を望む高台の新築戸建で価格は6500万円とのこと。場所はヨットの浮かぶ波静かな油壷湾で緑も豊かな自然の溢れる場所に売り出し中だそうです。ほかにも都内近郊ですと、横浜にも豊富にありますし、予算、景色などこだわってさがせば沢山ありそうです。

海の近くに住むメリットはいったいなんでしょうか。独身時代や子育て時代は、通勤がしやすくて、学校選びや買い物にも不便を感じない街が住みやすいと感じます。

しかし、子どもが独立して「自分がこれから暮らしたい街はどんなところか?」と考えた時に、もっとゆったりとした気持ちで、自然に囲まれて暮らしたいとお考えの方も多いと思います。その中のひとつの選択肢が「海の近く」。とはいえ、「田舎暮らし」は、不安がある…という方に不動産がお勧めなのが、湘南地域や房総地域の海の見える街だそうです。都心のように品ぞろえ豊富で何でも買えるわけではありませんが、生活必需品には困らないサイズの街がたくさんあります。

特に逗子や鎌倉、葉山などの湘南地域は、「田舎」らしい自然とゆったりした雰囲気があります。そして東京都心までのアクセスの良さも抜群。センスの良い飲食店や雑貨店なども多くあり、海という自然な遊び場で小さい子どもも自然にふれあうこともできます。

なので、実はIT企業にも海の見える田舎の物件で人気みたいですよ。
IT企業って、デザインや考えることが多いから感性豊かな環境で仕事をすることにより、顧客に提供できるサービスの質を上げることができるんですね。

しかも、社員を田舎の寮とかに引っ張ってきてしまえば、家賃も安く給料も下げることができ、環境が良ければ安定して長期にわたり辞めずに勤めてくれる傾向が多いからです。

やっぱり海の見える物件といえば沖縄が理想ですよねw

沖縄のIT企業といえば業務用食材の食らぶや家ラブとかも有名ですよね。
ほぼ8割が沖縄の企業ではなく東京の企業だそうです。

海の見えるマンションで働きたいのであれば沖縄のIT企業もいいかもしれませんね。

また、メリハリのある暮らしを楽しむことができるのが、湘南地域や房総地域なのだすそうです。これからの海が見える地域は、ガーデニングが楽しめる庭付き一戸建てから、手ごろなマンションまで新築・中古ともに物件が豊富とのこと。一度下見に遊びに行って、自分が住む気持ちになって散策してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 今日の面白ニュース パーマリンク