ランディングページは目的により多種多様

特定のユーザが持つニーズに答える(最適化した)ページを作るためには、ランディングページの形を「商品・サービスの特性」や「目的」に応じて変えてあげる必要があります。

普通の商品を売りたい!:楽天LP。長い・手に取ってみることができないため、写真や情報が多め
B to B 商品を売りたい!:昨日一覧や比較表などが必要不可欠となる
エステや結婚式などのサービスを売りたい!:写真のイメージが相当大きな決定ポイントとなる
無料会員を増やしたい!:サービスに納得したうえで登録してもらうため、説明が多く長い
資料請求を増やしたい!:短く分かりやすい説明で興味を持ってもらい、資料請求してもらう

上記のように、目的の違いで多種多様なランディングページがあります。しかし、インターネットから手に入る商品は、購入前に手に取ることができないという弱みがどうしても伴います。そのためランディングページには相当多くの情報を記載しますので、一般的にはWEBサイトの1ページに比べて長くなるという傾向がほとんどです。

ランディングページの費用はどれくらい?

ランディングページ制作の費用は依頼する制作会社によって10万円〜60万円と幅も広いです。この費用の幅の違いは、分析サービスの有無やデザインの品質などで、違いがあります。

いわずもがな自分で作れ無料です。ただ、成果の出るランディングページを作るには特定のお客様に対して最も適した情報を提供する必要があるため、情報収集力やデータ分析機能を持っているプロフェッショナルにおまかせする事をお勧めします。ランディングページの重要性をあまりに軽く見すぎて適当に作ってしまうと、「広告に多くの予算を投じたのに、リンク先のランディングページのクオリティが悪いせいで、顧客獲得につながらない」という悪循環のケースに陥ってしまいます。

そうならないためにはどうしたらよいでしょうか。

制作の際にはしっかりと、自社と競合のポジションや、自社商品・サービスの強みや弱みなどを分析し、成果の出るランディングページを制作しましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク