赤坂のタワーマンションはなぜ人気がなくなってしまったのか?!

最近接客をしていく中でたくさんのタワーマンションを内覧しに行くのですが六本木の有名どころや田町、港南の湾岸エリアはもちろんのこと

ここ数年は盛り上がり続けるであろう中央区の勝どき、江東区の豊洲、晴美に人の気持ちは向いているような気がします。

なんか赤坂は嫌だ。。。というあの一言はなぜ赤坂の人気はなくなったのか、不思議に思えます。

土地や一戸建ての売却前には、境界を確認しておいたほうが良い理由とは?

赤坂タワーレジデンストップオブザヒル

赤坂溜池タワーレジデンス

ホライゾンプレイス赤坂

赤坂ザレジデンス

パークコート赤坂ザタワー

エルセレーノ元赤坂レジデンス

赤坂Kタワーレジデンス

安全ビルレジデンス

の8棟です。

この中でも

代表とされるのが

エルセレーノ元赤坂レジデンス

赤坂タワーレジデンストップオブザヒル

パークコート赤坂ザタワー

この三棟ではないでしょうか(^^)

赤坂の良いところは北西に赤坂御用地があり眼下に望む緑豊かな景色と

六本木も近く大都会の雰囲気も楽しめるその立地にあるのではないでしょうか?

六本木から見ての乃木坂のような少し離れただけで落ち着いた環境と大人が求める環境が手に入る場所でもある思います。

しかし

六本木の新築タワーマンションの建設で物件の人気は人の気持ちと同じで興味がなくなっていくのでしょう。物件の良さよりも築年数が数年経過したことがその理由なような気がします。

その数年経過したものに住む自分が嫌というなにかのプライドの様なステータスの様なそんな見えないものの気持ちに赤坂から人が離れています。この先何年後かはわかりませんが古い建物が数多くある赤坂にまた新築ラッシュが起こり人気回復の日は必ず来ると思います。

それまではお買い得エリアとして物件の紹介に役に立つ場所となっていく赤坂なのでした(^^)/

カテゴリー: 物件コラム! パーマリンク