豊洲のマンションシリーズ  タワー編

テーマパークの様な雰囲気と広い道路まだまだこれから発展していきそうな豊洲のタワーマンションを今日は紹介したいと思います。

豊洲は東京都江東区に位置していて沿線は有楽町線の豊洲駅とゆりかもめの豊洲駅の二駅があります。住所は豊洲一丁目から六丁目があります。

その歴史は1937年までさかのぼり、この埋立地に町の名前が付けられる際にこの地が豊かになっていくようにと豊洲と命名されたのが始まりです。

代表する商業施設にはアーバンドック豊洲ららぽーとがあります。

スーパービバホーム豊洲店にはホームセンター、スーパー、くまざわ書店、マツモトキヨシなどが入っております。

ではタワーマンションの紹介に移ります。

豊洲シエルタワー

シティータワーズ豊洲 ザ・ツインノースタワー

サウスタワー

シティータワー豊洲ザ・シンボル

パークタワー豊洲

ザ豊洲タワー

キャナルワーフタワーズイーストタワー

ウエストタワー

スカイシティ豊洲ベイサイドタワー

キャナルスクウェア豊洲

パークアクシス豊洲

アーバンドックパークシティ豊洲タワーA棟

B棟

ルセボ豊洲

ここにあげたのが豊洲のタワーマンションになります。

インスペクションの専門家!インスペクターの正しい選び方

この中でも

住友不動産系列のシティータワー

アーバンドックの2棟は有名ではないでしょうか?

物件の雰囲気も六本木などのタワーマンションよりも住んでいる人の印象が大きく異なってファミリーの方々が多く住んでいる感じを受けます。それは小学校や保育園も豊洲にあり日々の生活をしていくなかで環境がとても整っており、医療関係もマンションの一家にテナントが入っているケースが多いのでそのあたりも豊洲のタワーマンションの魅力の一つになっております。

あと豊洲の町並みの特徴としては一本一本の道が広く、暗くて狭い住宅街の小道などを歩く心配が無いので女性や子供のいる家庭には安心の場所とも言えます。

今度のお引越しには一度豊洲のタワーマンションをご覧になってみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 物件コラム! パーマリンク