山川とお客様の約束

お客様との約束には何があるのか考えて見ると全部が約束かもしれません。

一番最初にお客様と会う手段はその時々色々な場面があります。

突然お店に来ていただく事は約束ではありませんが電話で物件の問い合わせを受けて店頭に来店してもらう時、こちらから物件に出向く時、中には契約の時まで会わないお客様もいらっしゃいます。

その中でのやり取りや話すこと、書面で交わす内容や待ち合わせの時間などお客様と約束することは沢山あります。

その中でお客様から見て何を一番守ってほしいのか?気に入る部屋を探す以外に何を求めているのか最近はそんなことを考えています。

ただ仕事をしてく中で自分の中で絶対に決めていることがあります。

物件情報を絶対に隠さないがあります。

この仕事は毎月の売り上げで給料が決まる仕事なのでその月に話をまとめて契約をして頂き、数字にしたいという気持ちは誰しもが持っていることだと思います。

ただそれだけを考えてしまうと来月にお客様の条件通りの部屋が空き予定であったとしてもその物件を紹介しないことになります。

それは自分の中でルール違反です。

二か月先でも三か月先でも良い部屋は必ず提案することは約束できることの一つです。

さらに毎月の家賃についてもお約束したい事があります。それは家賃と敷金礼金の交渉を必ずします。

毎月の家賃は自動的にかかるものです、ランニングコストは少しでも安いほうがいいと思いますし下がることが嬉しさにつながることを知っているので必ず交渉をします。

そして入居日の設定などお金が絡む事はもっともっとシビアに考えて対応していくと約束いたします。
もう一つ約束をするのであれば自分にわからないことがあれば必ず調べてその答えをお伝えすること分らないことや後回しにしたい事こそ最初に対応いたします。

その中でお客様のわからないことがあればこちらからも遠慮なく質問させて頂きます(^^)

良い部屋を見つけて良い引っ越しをするためには聞かなければいけないことがたくさんあってそれは個人情報であったりもします。

ただご理解頂きたいのはその質問には必ず意味があって必要な事であり良い部屋探しにつながる事なのでご協力いただきたく思います。

自分自身が約束を守ってお客様から信用をしてもらうことがお互いのメリットに繋がるので目の前の小さな約束から契約までそしてそこから始まる新しい人間関係を楽しんでいこうと今の気持ちを約束します。