即入居可能なお部屋探しのポイント

基本的に不動産の繁忙期(一番引っ越す人が多い時期)は1月の中旬から3月末までです。

主に地方から上京してくる学生さんや新社会人の方、4月から新天地でお仕事される方などです。

しかしその中には急な辞令で転勤、住んでいたお部屋でトラブルなど色々な事情で『すぐに引っ越しをしなければならない』という方がいらっしゃいます。そんな時に『即入居可』の物件を条件に入れてお部屋探しをしなければなりません。

焦る気持ちを抑え、慎重に限られた時間で物件を探していくことを心がけましょう。

『即入居可』とは現在空室状態の物件の事を指します。落ちついて考えて『なぜこの物件

は即入居可能なのか』と立ち止まり一度冷静になる事が大切です。長い間借りる人がいなくて空室状態なのか、最近退去してルームクリーニングが早く終わったのか、など一度不動産の人間に聞いてみる事をお勧めいたします。周辺の家賃相場より高い家賃で決まりづらかったなどの理由でしたら、その周辺環境の家賃相場も調べなくてはなりませんし、駅から遠いなどの立地条件が悪い土地なら実際に確かめに行く必要もあります。

もし長い間空室状態のお部屋でしたら、ご内覧時によくお部屋のクロスやフローリング、

壁もチェックしておきましょう。長い間放置されていた物件は誰も住んでなくともほこりがたまったりカビが生えたりと汚れてしまっている可能性があります。ルームクリーニングはオーナーさんが負担してくれるのか、壊れている設備は替えてもらえるのかしっかり

聞きましょう。また一番注意して欲しいのが『即入居可』は『即生活可能』という意味ではないという事です。お客様の中には即生活を物件申し込み時に要求する方がたまにいますがこれは物理的に無理な話です。まず入居審査をしっかりしてこの物件に住んでも問題がない人間かどうかのチェックがあります。また入居審査後にはご契約金の振込に契約時に必要な書類のご準備もして頂く必要があります。その後、ご契約で鍵渡しとなります。

このことを踏まえて頂ければ即入居可能という物件は大変良い条件の物件になります。

最近空室になった最新の人気物件である可能性もあります。まずは1度お部屋をご内覧して頂きご自分の目でお部屋の状態を確認して頂く事をお勧めいたします。時間が迫っているのでイライラしてしまいがちですが、何よりお部屋を早く決めたいのは不動産会社の人間も同じです。事情を落ち着いて説明して優先的にお部屋を探してもらうようにお願いしましょう。