初めて一人暮らしをする方のお部屋探しのポイント

学生の方や新社会人の方々はいよいよ独立して一人で暮らす選択をする方も少なくないと思います。初めての一人暮らしという事で特に抑えておきたいポイントをご紹介いたします。

まずはお部屋の環境についてです。バルコニーの方角は特に気にしないという方もいらっしゃいますが洗濯物を干す方は断然日当たりが良い南向きのお部屋を選びましょう。なかなか乾きづらいとコインランドリーを使用してしまいお金がかかります。また西向きは夕方日が当たるのですが太陽の位置の問題で洗濯物は乾きづらいです。

お部屋の階数もなるべく上階にしましょう。初めての一人暮らしで女性の方は特に防犯面が不安だと思います。防音や害虫の問題もあるので、なるべく1階は避けましょう。

1階がコンビニやスーパー、飲食店の物件も注意しましょう。買い物が便利な反面、騒音と害虫の問題が発生します。また高確率でゴキ○リがでます。

物件をご内覧する際に共用部分もよく見ておきましょう。ごみ置き場やロビーが汚れている場合は管理人の管理体制もしくは他の入居者に問題ありの物件の可能性があります(一概には言えないのですが)

また最初お財布に余裕がない時は自炊がメインとなると思います。コンビニだと高くついてしまうので近くにスーパーがあるところがオススメです。

次に物件の設備についてです。まず洗面所ですがお風呂とトイレが一緒のユニットバスと別々のバストイレ別の2種類があります。ユニットバスだと家賃が低くなります。予算と相談しましょう。

またキッチンはIH、ガス、電気とあります。電気は熱が弱いので避けましょう。IHは調理器具がIH対応かどうかを調べる必要があります。またプロパンガスと都市ガスでは断然都市ガスが安いのでプロパンガスは避けたいです。

ネット環境も充実させたいですよね。ケーブルなのか光回線なのか、無料なのか有料なのかしっかりと確認することが大切です。洗濯機の置場についてです。これはコインランドリーが物件に設置されているところとベランダ屋外にあるところ、室内に設置されているところがあります。

不動産の寿命はどれくらい?不動産の売買で気になる築年数

もちろん1番良いのは室内ですが、予算がない場合は室外ベランダに洗濯機置場があるところを選びましょう。建物共用のコインランドリーは大抵が有料で経済的にも衛生的にもお勧めできません。最後に電気ですが最低でも20アンペア使えるお部屋が良いです。

15アンペアですとエアコンと電子レンジを同時に使うだけで落ちます。