分譲マンションのポイント

マンションには賃貸マンションと分譲マンションの2種類があります。

分譲マンションとは土地を大手不動産や企業が購入し1部屋ずつ販売しているマンションになります。購入者はそこに住むことは勿論、賃貸にだし借主を付ける事もできます。

簡単に説明致しますと通常の賃貸マンションは1棟全体のオーナーさんが一緒で分譲マンションは1部屋1部屋オーナーさんが違うという事になります。分譲マンションの特徴として各号室のオーナーさんたちは自分の所有している専用部分以外は権利をもっていません。

不動産の売却でかかる費用とは?税金を払うこともありますか?

賃貸マンションと比べ分譲マンションは購入者にとって一生の買い物になるため設備投資

や原状回復をしっかり行うので1部屋1部屋のグレードや建物全体の設備が格段と違って

きます。その為か少し通常の賃貸マンションより家賃が高く設定されています。

設備やお部屋のグレードを求める方には分譲マンションが非常にオススメになります。

さらにお部屋の内装を変えてみたり、間取りを変えてみたりするのもオーナーさんとの

交渉で行うことができます。普通の賃貸マンションの場合は建物すべてがオーナーさん

の所有物となるためレイアウトや間取りの変更はもちろん壁に穴すらもあけれません。

ですので自分の生活スタイルに合わせて長くそのお部屋に住むことができるメリットもあります。そのため、そのお部屋が気に入り長く住んでる方が多い為、賃貸の分譲マンションの数は非常に少ないです。よく『ここは分譲マンションだから防音は完璧だ』などの設備体制について語るお客様がいますが、あくまでも設備投資の力の入れ具合はオーナー様

や物件によって違うので、分譲マンションだから防音がしっかりしているとかペットが飼えるという事にはなりませんのでご注意ください。

最近では新築の高級分譲マンションも非常に人気で豊洲などの都市開発エリアや都心部までのアクセスが抜群な神奈川県の武蔵小杉などにも次々と新築の分譲マンションが建てられてきています。聞くところによると武蔵小杉の新築分譲タワーマンションなどは購入者の募集が始まってからすぐ完売してしまったほどの人気があるようです。

購入者からしてみれば確実に利益の見込める物件投資となるのが人気の理由となるようです。

少しでも分譲マンションに興味がありましたら、不動産屋に頼み通常の賃貸マンションと

分譲マンションの両方を見せてもらい、見比べてみるのも面白いと思います。

何かしら違いに気付く箇所があるかもしれません。