ファミリー向けの物件を探す時のポイント

ファミリー向けの物件を探す際に重要になってくるのは自分たちのことだけではなくお子様の事も考え考慮したうえでお部屋を探していかなければなりません。

お子様がまだ小さい場合は物件だけではなく物件の周りの周辺環境は重要ですし、お子様が学生さんの場合は学校への通学距離なども考慮してお部屋探しを進めていかなければなりません。もちろんお子様だけではなくお父様の通勤やお母様が買い物がしやすいスーパーが近くにあるなどの条件もうまく満たさなければなりません。

今回は非常に難しい小さいお子様がいる場合に考慮したお部屋探しのポイントをまとめてみました。

不動産の任意売却ができる条件とは?

まず懸念されがちな1階の物件もファミリータイプならご検討するべきです。

1階ならば他のお部屋に迷惑をかけずに小さいお子様も元気よく走りまわれます。

神経質になり怒ったりしなくて済むのがここの1階に住むという最大のメリットになります。

1階のお部屋で心配される防犯面の問題ですが、しっかりとオートロックがついているマンションやベランダから入ってこれない工夫が施されているマンションを選べば問題はありません。

またエレベーターの使用がなくベビーカーでの出入りも楽ちんです。エレベーターがない

物件の場合は1階が重要視されますね。さらに家賃も上階に比べ確実に安いのが1階のお部屋の特徴です。ファミリータイプの2LDKや3LDKでも比較的安い家賃で広い部屋を借りる事ができます。

次にこれも懸念されがちな駅から遠い物件。これはファミリータイプにはメリットも出てきます。

駅から遠い物件は建物が密集している場合が少ないので閑静で開放感があるのが特徴です。

目の前に高い建物がないので日当たりや風通しも良く、子育てをするには最適の環境になります。

駅が近いと騒音などが問題視されますが駅から離れているため音もなく子育てに影響がないというのもメリットですね。また治安も駅が近いと心配ですがこれも駅から遠い物件ならば大丈夫です。

これもまた駅から遠い物件は家賃が低い傾向にあるので経済的で大変オススメです。

1階のお部屋で駅から遠いというだけでかなりのお得感がありますね。

最後は和室付のお部屋についてです。ウケがあまり良くない和室ですが、小さいお子様が

いらっしゃる家庭では和室は重要な役割を果たします。生まれたての赤ちゃんは寝返り時期などがありますがフローリングとは違い畳は柔らかいのでけがをする心配がありません。

またハイハイができる赤ちゃんはとても危険です。ベッドや階段から落ちてしまう事もよくありますのでフローリングにベッドではなく畳にお布団という寝室を作ってあげるのも良いかもしれません。

見落としがち!お部屋探しでお部屋以外について調べるポイント

お部屋探しではついついお部屋だけに焦点を絞り物件を探しがちですが、お部屋以外にも

調べておくに越したことのない項目があります。

まずその地域の治安を調べましょう。

女性は特にそうですが初めて単身を経験する方などは、よっぽどその街が好きではない限り治安が悪い街は避けた方が宜しいでしょう。全く知らない街に住むなら尚更です。

では調べる方法は?というとこれは警視庁のホームページで調べる事ができます。

警視庁のホームページには『事件事故発生情報マップ』というものがあります。

重罪な事故から車上狙い、自動車窃盗や自転車盗難、ひったくりなどの身近な事件まで事細かく記載があります。ここで治安の良し足がわかります。見る限り治安が悪いところは絶対に避けましょう。

次に住みたいエリアの物件が事故物件でないかを調べましょう。不動産業者には過去に死亡事故や事故があった物件に関してはお客様に知らせなければならない義務があります。

ただ、どのくらい前までの事を告知するかのボーダーラインが決められていない為、不動産仲介業者もしらない場合がほとんどです。東京都は人口が多い為、必然的に死亡事故や事故が多くその分事故物件やいわくつき物件が多いです。事故物件はとにかく安いです。

これが理由で事故物件は気にしない人ならば格安で良い物件に住めるので非常に人気が高く、すぐになくなってしまいます。ただやはりこれは気持ち的に良いものではないですよね。

これもインターネットでチェックできます。

『大島てる』という会社が運営するサイトで過去に事故があった物件が調べれます。

(大島てるという会社自体も少し不気味ですが。設立18○×年に設立されたようです)

引っ越し先の事故物件をあらかじめ把握しておきましょう。逆に事故物件を狙っている強者は事故物件の物件名をメモしておきましょう。

最後に都市ガスの供給があるかどうかを調べます。ガス管からの供給がある都市ガスは比較的安い値段で利用が可能です。しかし室外ボンベから供給されるプロパンガスなどは驚くほどガス料金が高いです。プロパンガスは公共の料金ではなく自由料金になる為高いのです。あまり知られていないのですがガス会社は自由に居住者が選択できるという事を知らないのに漬け込みプロパンガスの悪質な営業が問題になっているのです。

これは東京ガスの公式サイト又は都市ガス事業者検索という日本ガス協会のホームページで調べる事ができます。これもあらかじめ確認しておくに越したことがない情報です。