タワーマンション、オススメのポイント!

タワーマンションとは超高層マンションの事を指します。

日本では特にタワーマンションの定義というものは法的には存在しませんが、高さが57メートルを超える建築物がタワーマンションと呼ばれることが多いです。平均して17階相当になります。

タワーマンションが人気な理由はいくつかございます。まずはフロントコンシェルジュがついているという事です。

フロントコンシェルジュはホテルと同じように様々なサービスを受ける事ができます。たとえばタクシーの手配やクリーニングの取り置きにお部屋の掃除まで色々なサービスが受けれるのが特徴です。

次にタワーマンションならではの特典として挙げられるのが共用施設の充実です。スポーツジムやプール、図書館にスカイラウンジ、ゲストルーム、ゴルフレンジやカラオケまでついているタワーマンションもあります。これは膨大な敷地を要するタワーマンションでしか現実的に実現できない設備の為、タワーマンションに住みたいほとんどの方がこれが入居希望の動機となります。その充実した共用施設がタワーマンションでの生活を楽しくさせること間違いないでしょう。

続いてのタワーマンションならではの特典は眺望になります。20階以上のお部屋になってくると東京都内全域を見渡せるくらいの高さになります。

リビング窓がスケルトン仕様だったり、お風呂に大きな窓があったりと眺望を武器とした設備が人気です。場所により海や川が近くから眺めれる物件や東京タワーやスカイツリー、新宿の摩天楼などが一望できる物件など、そのお部屋1つ1つから眺められる眺望はそれぞれ違います。

近年では豊洲や芝浦などの埋め立て地エリアや神奈川県武蔵小杉などに都市開発として新たに誕生するタワーマンションも少なくありません。

金額的に高額なイメージのタワーマンションですが都心部から少し外れると家賃も下がりますので、それなりの収入がある方なら簡単に住むことができます。

不動産投資に有利?タワーマンションのメリットとデメリットとは?

また最近ではタワーマンションの低層階も人気で、高層階に比べ格段と安い値段で借りる事ができ、タワーマンション内の共用施設を使うことができます。

低層階ならではの特典はタワーマンション内のお庭などをまじかで眺望として見る事ができるので高層階とは違った楽しみがあります。

またただ単に20階、30階とエレベーターで昇るのが面倒だと思う方にもおすすめいたします。

タワーマンションはファミリータイプの層にも人気があります。安心安全の防犯体制、居住者や警備員など建物内に沢山の人間がいるためとても安心です。