カップルのお部屋探しのポイント

最近は彼氏、彼女と一緒に住むという方が増えてきています。

カップル向けの賃貸情報サイトや看板広告もよく見かけます。

不動産ネタになるのですがカップルのお部屋探しはとても難しいのです。

まず2人の意見が合わない!(笑)フィーリングが合っていても物件の良さは共有がなかなか難しいようです。そして一番お部屋探しが難航する理由はルームシェア可の物件が少ないという事です。2人入居とルームシェアは全くの別物になります。二人入居は血のつながった家族や婚約をしている方々の事を指します。ルームシェアは友達やカップルで住むことを指します。

不動産の売却でかかる費用とは?税金を払うこともありますか?

ルームシェア可能な物件が少ない理由としては簡単に言いますと友達やカップルはケンカ別れなどがあり、結局片方がいなくなってしまうと家賃が払えなくなり滞納となる確立が高いからです。婚約予定の方や家族の場合は切っても切れない絆があるので二人入居可能な物件は多いです。突っ込んだことを言えば2LDKや2DKなどは全て二人入居が可能です。

その中から友達やカップル同士で住める部屋を探すのは至難の業といっていいでしょう。

つまりルームシェア可能な物件を探すポイントは広い目で物件をみる事が必要とされます。

どうしても物件数が少ないので多少の妥協がないと、永遠に物件を探し続けることになります。

まずはエリアを決めてその中でルームシェア可能な物件を出してもらい、そのリストの中

から物件を選ぶ。住みたい物件がないのならエリアを妥協して変える。この流れで物件を

探していくしかありません。最優先の条件が『恋人と住める物件』なので他の条件は後回しになってしまうことを理解しましょう。

その他のポイントとして物件を探す前にお金についてシビアに話し合っておくことが大前提です。

初期費用の契約金の事、毎月の家賃や公共料金の事、日々の食費の事をしっかり話し合いましょう。

またなるべく初期費用や家賃に無理をしない事も重要です。二人でワリカンで支払うのもありですがもし恋人とケンカをしてしまい家賃が1人では絶対に払えない金額ですと滞納→強制退去になりかねません。

将来の事も考え節約をして貯金するのがベストな選択だと思います。

また多少古い物件でも敷金や礼金、仲介手数料が無料になる物件も検討することをお勧めします。

ルームシェアの方こそ初期費用はとにかく安いに越した事はありません。ルームシェアの

メリットは恋人でも友達でも好きな人と一緒に暮らせるという点が1番のメリットになります。

そこを踏まえてお部屋探しをしていきましょう。

ネコと暮らすためのお部屋探しのポイント

近年、賃貸マンションにおいてペットと一緒に暮らせる物件が増加傾向にあります。

一昔前は物件が10あるとしたらペット飼育可能な物件はおよそ2割程度しかありませんでした。

しかしペットと暮らしたいユーザーが増えてきており、近年建てられている新築マンションなどはペットと暮らせるよう設計して建築される場合が多いです。

もちろんこれはペットを飼育しているエンドユーザーの方にはとっても嬉しい事ですが、我々不動産の人間にとっても物件探しが捗り非常に良い傾向であります。

ペットと暮らすと聞くとまず思い当たるのがイヌ、ネコだと思います。

オーナーさんがペット飼育可能とうたっている『ペット』とは間違いなくイヌやネコを指しています。

牧場や家畜ではないので牛や馬を飼いたいと言ってもオーナーさんが言う『ペット』には

分類されないので飼うことはできません。(当たり前ですが)先程、例に挙げたイヌ、ネコはオーナーさんの言う『ペット』に含まれますが、ここに実は落とし穴があります。イヌは特に猛獣でない限り問題がないのですがネコはオーナーさんから見て少し懸念されがちです。ネコは習性上はっかき癖や爪とぎという行為を行うのでお部屋が傷ついてしまいます。もちろんネコに悪気はないのですが、しっかりと対策をとらなければお部屋の解約時に莫大なルームクリーニング費用と修繕費をとられてしまいます。

預けていた敷金では賄えきれない金額がかかってきます。ネコを飼育している方はしっかりと物件を選ぶ際に確認をすることが大切です。『ペット可』とうたわれていても、その『ペット』にネコはしっかり分類されるのか確認をしてからお部屋のお申込みをしましょう。ごくわずかですがネコが飼育可能な物件があったり、ネコがもれなくついてくる物件なんてのも存在します。

ペット可の物件にお申込みをする際にペットを飼っているという意思表示をしなければならないのですが、この意思表示をすることで敷金が積み増しになります。

預けた敷金の予算内で解約時の修繕費をまかないたいですよね。対策としては壁や柱など

ネコが引っかきそうな箇所に市販のカバーをするのがオススメです。爪とぎもしっかりと

しつけ学習させましょう。またネコは体臭は無臭ですが、その分排出物に関してはきつい

臭いを放ちます。近隣トラブルになりかねない話ですので、市販のネコの砂などを飼うなどの対策が必要です。また左右隣のお部屋の方にはネコを飼うことを伝えておくのもいいかもしれません。